12/8(日)、みみすまの顧問である小野有五さんが3年前からこの日に開かれている「ジョン・レノン追悼コンサート」にご招待くださいました。

小学生から大人まで幅広い年齢層のバンドやグループがそれぞれに元気なダンス、歌と演奏でビートルズの曲を楽しませてくれ、また、3人のアイヌ女性による「Unit木の芽」さんはアイヌの伝統楽器、踊りと歌を聞かせてくれました。

“Give Peace A Chance”というジョン・レノンのメッセージを、彼の音楽を通じてひとりでも多くの人に伝えたいという思いで開かれているこのコンサートの終わりに、小野さんは「ジョン・レノンも、先日アフガニスタンで亡くなった中村医師も、平和のために行動し、亡くなった。僕たちも身近なところで、今も被害の終わらない2011年の原発事故被災地の方々のためにできることを」と、会場のみなさんにみみすまへの支援を呼びかけてくださいました。

会場に置かせていただいた募金箱には19,942円の募金が集まり、たくさんの方々から「がんばってくださいね」と暖かい励ましのお言葉をいただきました。外は冷たい風に雪が舞っていましたが、素敵なパフォーマンスと皆さんのご協力に心は明るく、暖かい帰り道になりました。