2019年06月一覧

第5回移動教室2019 『福島県川俣町立飯坂小学校5・6年生北海道宿泊学習』

「川俣町役場訪問 & 保護者向け事前説明会」報告

6月7日に事務局2名で福島県川俣町を訪問しました。折しも川俣町は議会の真っ最中で、わたくし達の到着時には東京電力の賠償問題に関する質疑応答の音声が役場庁舎内に流れていました。

午後5時の議会終了直後に佐藤町長さん、佐久間教育長さん、増賀教育次長さんと懇談しました。
「北海道宿泊学習」の保護者向け事前説明会資料をご覧いただきながら、実施地域となる栗山町の皆さんの全面的なご協力を得て準備が進められている事や地域間交流学習で訪問する栗山町立角田小学校も飯坂小と同じくらいの生徒数であることなどをご報告しました。

町長さんも教育長さんもこの北海道宿泊学習がご縁となって栗山町との良好な関係が生まれた事をとても喜んでおられ、今後とも子ども達の育成のために相互交流を深めていきたいと意欲的に語っておられました。それをお聞きしたわたくし達は、今までの努力が大きく報われるのを感じ大変嬉しく思いました。町長さんは「ぜひ近いうちに栗山町を訪問したい」と仰っておられました。

昨年夏に5回目を数えたサッカー保養交流合宿「キヨマッププロジェクト」の報告集もお渡しして役場にも100部置いていただくことになりました。(受け入れ地域は北海道の岩見沢市栗沢町です)

その後、飯坂小学校にて保護者向け事前説明会を行いました。北海道にやって来る5・6年生は9名ですが、この夜は8名の保護者が参加され、移動教室の相談役をお願いしている福島大学の西崎教授も駆けつけてくださいました。

5・6年生は複式学級で学んでいて全校生徒も50人と小さな学校ですが、その分保護者の方達は和気藹々とした雰囲気でした。8名中3名のお母さんが北海道に行ったことがあると手をあげられ、そのうち1名の方は保養の目的で来道されていました。保護者の方達は終了後もそのまま残って仲良く持ち物についての情報交換をされていたのが印象的でした。

今年の4月に赴任された丹伊田(にいだ)校長先生、担任の鳴川先生、養護の原先生の3名が引率で北海道に来られますが、先生たちも栗山町での野外教育の体験をとても楽しみにされていました。また今回は5カ年計画の最終回となりますので、川俣町の教育委員会からも学校教育課指導主事の佐々木さんが同行されます。

雨煙別の環境教育スタッフの方達や角田小学校さんなど、今年も栗山町の皆様のお力をお借りして、実りある学習の機会を創りあげていきたいと思います。いよいよ今週25日火曜日から3泊4日の「北海道宿泊学習」がスタートです。




『福島の今を知る学習会』 のお知らせ

福島大学行政政策学類教授で、原発事後は特に乳幼児保養の取り組みに尽力されている西崎伸子さんを講師に迎え、原発事故から9年目の福島県の現状についての学習会をいたします。

「福島は今どうなのか?」「避難区域解除などの施策で暮らしはどうなったか?」「保養のニーズは?」から「私たちのできること」を考えます。

7月6日(土)16:00~18:00

参加費無料(資料を500円で頒布)

浄土真宗本願寺派札幌別院1階ホール
札幌市中央区北3条西19丁目2-1 (境内に駐車可)

主催=NPO法人みみをすますプロジェクト
共催=浄土真宗本願寺派北海道教区重点プロジェクト実行部会


2019年夏「ほよ〜ん相談会」6月8日、9日 報告

福島県のいわき市と二本松市にて開催された「保養相談会」が無事終了いたしました。
両会場とも開始前から行列が出来て、いわき会場は開始を10分早めるほどでした。

みみすまは、相談会の運営メンバーの一員として様々な準備を担いました。また当日は全体運営の他に、協働している「ほっこりプロジェクト」と共にブース活動も行いました。

6月8日(土)いわき相談会
来場者 136組  307人
内訳 : 福島県いわき市298組、郡山市8組、長野県1組

6月9日(日)二本松相談会
来場者 89組  208人
内訳 : 福島県二本松市21組、郡山市24組、福島市31組、須賀川市4組、伊達市3組、本宮市2組、富岡町1組、会津若松市2組、栃木県矢板市1組

来場者 合計225組、515人

ブース参加48団体
運営のみ参加10団体
これから保養受け入れ活動を考えての見学6団体

————————-
今年も保養情報を求める方達と受け入れ側との出会いの場となる会場は、大変熱気にあふれるものでした。

体調がすぐれない方や家族の健康問題を抱えている方も各会場ごとに5~6人みえましたので、「こころとからだの相談室」でお医者様や臨床心理士の先生に直接相談を受けていただきました。全体的には「9年目となる今も相談会を続けてくれてありがとうございます」という感謝の言葉を多くの来場者からいただきました。

原発事故の問題を考えていく上では保養の受け入れ活動も大切なことなので、これから新たに取り組むことを前提に見学に見えた団体が6つもあった事も今回の特色のひとつです。それぞれ普段からしっかりとした社会活動をされている団体で、震災後9年目の今、次の10年を見据えていく上で頼もしいお仲間の登場になるのではと期待しています。

また今回は小学生や中学生の時に出会った子ども達が高校生や社会人になって会いにきてくれました。中には最初から最後までスタッフとして一緒に手伝ってくれた子もいて、私たちの活動は「人と人との出逢いを育むもの」であることを強く感じ素敵な贈り物をいただいた気がしました。

◆写真 : 「二本松会場風景」、「開始時の受付に並ぶ来場者」、「いわき相談会のほっこりプロジェクトブース」