日程:2018年1月11日(木)10:00~15:00
場所:藻岩山スキー場 ファミリーゲレンデ
参加生:小学1年生~6年生 計20名
先生:計18名  スタッフ:計3名
保護者:20名+兄弟姉妹5名 計25名
 
 
札幌の小学校では3学期の体育の授業でスキー学習を実施します。
この支援活動がスタートした時から、冬休みは札幌市教職員組合の先生達のご好意でスキースクールも実施してきました。
今までは3年生からでしたが、今回からは1年生からの参加が可能になりあっという間に定員となりました。
 
大荒れになるという数日前の天気予報はみごとにはずれ、当日は朝から青空の素晴らしいスキー日和。
清々しい山の空気に包まれ、参加生は揃いの黄色いゼッケンで保護者の方達が見守る中をゲレンデに立ちました。
 
スキーを初めて体験する子、リフトに乗ったことがない子など、特に低学年の子ども達は不安な気持ちを抱えて参加しましたが、
先生達はそれぞれに豊かな経験と持ち味を存分に活かして下さり、午前中の段階で子ども達の不安感はすっかり消えていました。
 
午後からの滑りも楽しく終えた子ども達と先生達と保護者の方達と全員で1人ずつ感想を述べ合いました。
子ども達はどの子も充実したスキー学習だった様子で「楽しかった」「3学期も頑張る」「リフトに何度も乗れた」と嬉しさ溢れる感想ばかりでした。
 
お陰様で参加生全員、怪我もなくスキースクールも無事終了。
2日後には保護者の方からメッセージをいただきました。
 
[保護者からの感想メッセージ]
はじめてユニオンスキースクールに参加させていただきました。
震災から7年目となり、生活が落ち着いてくる方もいる中で、年々苦しみが増す根深い事情を抱えている方も多くいます。
母子避難で家族が別々に生活している方、慣れないことの疲れから病になる方、亡くなってしまった方など、
私の周りだけでも年々増えているのが現状です。
人はそれぞれ見えない事情を抱えて精一杯生きている、ということを恥ずかしながら、私は避難者となって初めてよく考えるようになりました。
子供たちのために、この活動をして下さっている先生方に頭が下がる思いでいます。
お忙しい先生方の貴重な人生の時間を使って、子供たちにご指導下さるお気持ちに涙があふれてしまいました。
スクール当日、娘も息子もスキーに自信が持てず、「やっぱり帰りたい」と言っていたのですが、
帰りの会では「またやりたい!」と自信に満ちあふれた笑顔になっていました。
いつもは引っ込み思案な娘が自分から「先生にお礼を言いに行く」と行動しました。
息子は「リフトに乗れて、滑れてうれしかった!」と何度も話しました。
先生は3学期のスキー場でのスキー学習を知って、自信が持てるよう、ていねいに指導して下さいました。
子供たちにとって、自分が主人公となる宝物のような時間であったのだと思います。
素晴らしいプレゼントを親子共にいただき本当にありがとうございます。
 
*  *  *  *  *  *
また、企画運営してくださっている みみすまプロジェクトさん、
続けていくという大変さを思うと、また頭が下がる思いです。
みみすまさんの活動は、参加できなかったたくさんの人々の心も救われているのだと感じています。
ありがとうございます。
 
3学期、元気にスタートできそうです。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。