2017年08月一覧

2017夏 第9回 元気塾報告

〈みみすまの2017夏休み支援事業〉 避難児童生徒向け企画

『2017夏 第9回 元気塾』8 /3(木)・8/4(金) 10:00~15:00

8/3(木) 1日目

夏と冬の長期休みにボランティアの先生たちのご協力で開かれる元気塾は、今回で9回目となりました。

大学受験を控えて久しぶりに参加してくれた高校3年生のK君など、初日は高校生2名 + 中学生4名 + 小学生5名、計11名。

先生16名(午前のみ3名、午後のみ3名)。スタッフ5名。

保護者(朝の会のみ参加1名)。お菓子の差し入れ・札幌友の会(朝の会のみ参加7名)。

エルプラザで開かれる元気塾としては2014年の冬が第1回でしたが、そのときの参加者は小学生8名、中学生2名。

第8回となる今年の冬の回まで中学生の参加は多いときで3名、あとは小学生が10名前後という構成でした。

今回はそれが大きく変わり、高校生が初参加し、小学生として参加していた数名がこの春中学生となったこともあり、中高生チームの人数が小学生チームの人数を上回りました。この春に中学生になったみんなは震災直後の4月に小学校にあがっていますので、月日の流れを強く感じます。

さて、先生たちも子どもたちもほとんどが元気塾に参加してくれた経験があるので、七ヶ月ぶりの初日から、朝の会→勉強→お昼→勉強→お楽しみとおやつ→帰りの会という一日の流れがとてもスムーズでした。

勉強タイムはいつもの通り先生がマンツーマンできめ細かな指導。お昼ごはんの時間をはさみ、午後はもうひと頑張りのあと、恒例の「お楽しみタイム」です。担当してくださった先生はとてもプレッシャーを感じていたとのことでしたが、みんなそうとは知らずに楽しんでいました!

今回はL君が自由研究のための実験協力をみんなにお願い。「あくび連鎖の実験」ということで、色々な年齢の男女が集まる元気塾がサンプル採取にとてもいいと考えたそうですが、みんな快く協力しました。さて、研究結果は?

 

8/4(金) 2日目

2日目の参加は高校生2名 + 中学生5名 + 小学生5名、計12名 +お楽しみタイム飛び入り参加1名、合計13名。

先生16名(午前のみ4名、午後のみ2名)、スタッフ5名、飛び入り保護者1名。

初日に引き続き朝の会では全員が自己紹介をして一日がスタート。札幌市内あちこちの小・中学校からボランティア参加されている先生たちは、こどもたちそれぞれの年齢や個性に合わせて、静かに見守ってくれたり、適所適所で楽しいヒントを出してくれたりと、とても豊かな対応ぶりです。元気塾では実質午前中の勉強タイムが2時間、午後はお昼の後に1時間。今回は小3が一番下の学年でしたが、長時間みんな本当にしっかり集中して頑張りました。

お昼ごはんの後は午後の部がはじまるまで、それぞれ部屋で本を読んだり、ホワイトボードに絵を書いたり、会場の隣りにある環境プラザで遊んだりと、こどもたちは自由に過ごします。なかでも恒例となっているのは環境プラザの「カプラ・タワー」という積み木遊び。ウエハスのような同じ形の薄い積み木をこどもたちはみんなでどんどん積み重ねていくのですが、年々高く、組み上げ方も複雑になるので、スタッフも毎回この「作品作り」を楽しみにしています。

午後の部の勉強ひと頑張りのあとはわくわくのお楽しみタイムです。

2日目は厚紙で「ブーメラン」つくり。先生が最初の型紙で基本を教えてくれたあとは、みんなそれぞれに大きくしたり、いくつか組み合わせてみたり、色をつけたりするなど、どんどん自由な発想でマイブーメランを作って飛ばしました。さすが高校生は数式をたてて計算し、優雅に飛ぶブーメランを開発。

最後に友の会さんが手作りしてくださったおやつをいただき、今年の夏の元気塾はお別れの時間となりました。

帰りの会では1人ずつ全員が感想を伝え合い拍手で終了しましたが、とても笑顔の多い2日間でした。

2日目にTさん親子がみんなに会いに来てくれました。福島県の住宅支援打ち切りの影響で団地から民間のアパートに引越したあと、心細い気持ちで親子三人なんとか頑張っているそうです。「元気塾に行けば懐かしいお仲間に会えると思って来てみました」と仰るお母さんは涙声でした。

元気塾は一年に2回だけ集う学舎ですが、「また集ってみんなに会いたい」と思うこども達や先生達の思いにあふれています。

みみすまのスタッフもこども達や先生達と次の元気塾でまたお会いできることを楽しみにしています。

2日間の当日スタッフ:みかみ・米永・笹木・小松・大槻

追記:

今回スタッフとして初参加の大槻さんは普段はカナダのモントリオールにお住まいです。2日目に大槻さんのご主人(イタリア人)が見学にみえて、L君の「あくびの連鎖」研究をとても素晴らしい着眼点とほめてくださり、L君にこんな意見をのべました。

~L君のノートより~

「あくびが連鎖するのは、集団行動の中だからこそおきる現象ではないだろうか。人はみんな共鳴しながら生きている。同じリズムで生きようとするからこそ、『さあもう寝よう』というサインとして、あくびが連鎖するのだと考える」

報告:元気塾スタッフ 米永明恵


川俣サッカースポーツ少年団『北海道保養合宿 2017』 報告

<夏休み保養受け入れ事業> 第三弾

川俣サッカースポーツ少年団 『北海道保養合宿 2017』7/27~8/2  小学生+引率 計12名

福島県川俣町のサッカースポーツ少年団の夏休み北海道保養合宿は昨年からスタートしました。
北海道寺子屋合宿さんが主催し、室蘭市の真宗大谷派勝光寺さんが受け入れ先です。

昨年は同じ川俣町から来ている「キヨマッププロジェクト」に合流して一緒に特別練習をしたり、
札幌市内をあちこち見学できましたが、今年は滞在日数が少ないため室蘭側での単独合宿となりました。

でも、往路のフェリーが同じだった「スポ少」と「キヨマップ」の小・中・高校生24名は船内で大いに盛り上がり、
7/28(金)午前の苫小牧フェリーターミナル出迎えの時には双方の関係者と合同で記念撮影ができました。

8/1の帰路フェリーの船上と翌日川俣町に無事到着後、畑監督さんから2回メッセージを受け取りました。
今年もスポ少のこどもたちは室蘭大谷高校のご協力を得て思いっきりサッカー練習ができました。
受け入れ寺院・勝光寺さんのお持てなし企画もたくさん楽しみ、元気に充実した夏休み保養合宿を終えたそうです。





第4回キヨマッププロジェクト2017 報告

<夏休み保養受け入れ事業> 第二弾

『キヨマッププロジェクト』7/27~8/01  中・高校生+引率 計12名

福島県川俣町立川俣中学と岩見沢市立栗沢中学のサッカー部の交流「キヨマッププロジェクト」が、
夏休み早々の7月27日~8月1日(船中泊込み)まで行われました。
川俣中学校は残念ながら今年からサッカー部は廃部になりましたが、元サッカー部だった中学生やOB高校生たちが変わらぬ夏を過ごしに来道。
すっかり年に一度の交流を楽しむ「真夏のサッカーチーム」に育ってきたことから、今年は学年の壁を超えて新しく『キヨマップFC』としてパワーアップを果たしました。
また、一昨年から指導をお願いしている元北海道コンサドーレ札幌の深川友貴さんが「総監督」に就任し、
栗沢中サッカー部顧問の沼崎先生や吉原先生と共に指導にあたってくださいました。
川俣まで出向いて指導してくださったこともある深川さんは、子どもたちだけでなく両校の保護者の方々にとっても頼れる大好きな監督です。
今回は初めてフェリーを利用しましたが、川俣サッカースポーツ少年団(スポ少)と北海道行きの往路は一緒の船旅でした。
室蘭が受け入れ合宿先のスポ少とは昨年のような合同練習にはなりませんでしたが、
川俣町内で普段から仲良く活動しているサッカー少年たちの船の旅はとても盛り上がったそうです。
苫小牧に到着後はアイヌ民族博物館等で「北海道を知る学習」。
2日目は練習の後、札幌ドームでコンサドーレの浦和戦を観戦。
完封勝利に必勝弁当も美味、深川監督の計らいで試合後の選手に挨拶もできました。
30日(日曜)は「キヨマップ サッカーフェスティバル」
市内の中学が2校参加、総監督の深川さんが日頃指導している聴覚障がい者のデフサッカーチームからもメンバーが参加しての交流試合は、まさにフェスティバル!
会場となった岩見沢北村のピッチはいい感じの天然芝で、日本のサッカーの草の根の理想的な一日だったと思います。
31日には報恩寺(実行委メンバー辰田さんのお寺)で再会を願う集い~小樽見学・観光~そして苫小牧港からの出港、となりました。
終了後の辰田さんの感想
「聴覚障害のデフサッカーも加わり、子ども達の中にも、何かしら生まれた意識がありました。バージョンアップしたキヨマップでした」
にみみすまも深く同感します。
今年は子どもたち、引率の保護者を含めて12名が来道しました。
そしてたっぷりのサッカーと北海道体験を支えたのは、たくさんの団体や個人からの賛同・協力・ご寄付です。
みみすまも苫小牧港の出迎えや札幌での活動、岩見沢市での応援など、資金面含め具体的な協力・協働ができました。
「キヨマッププロジェクト」は、被災者の人たちは未だに変わらぬ悲しみや不安を抱えて生活している、そのことを心に留めた栗沢の仲間の熱い心がこの活動を豊かなものに育てています。
みみすまは、これからもしっかりと耳をすましながらこの活動に協力してゆきたいと思います。
写真は、キヨマップサッカーフェスティバルでの集合写真