1月7日(木曜日)
生徒8名(小学生7名、中学生1名)、先生9名、生徒さんの双子の妹さん、スタッフ5名 計24名が出席しました。妹さんたちは年長さんですが、元気いっぱい、いっしょにひらがなの練習をがんばりました。
昼食の後、先生、生徒とも、震災被災者へ支援をくださったフランスの方々へ、支援のお礼とテロ被害へのお見舞いメッセージをキルトに書き込みました。
年長さんのせいもあってか、さらに和んで勉強できた2日目でした。

先生の感想から:
トータル8時間、2日間良く頑張りましたね。このことがきっと皆さんの力になります。明日からも頑張って、また夏に参加してください。
漢字、算数、そして絵もたくさん書きました。みんなと友達のようにやれたことも良かったと思います。
また一緒に勉強しましょう。
生徒の感想から:
次のテストで満点目指します。
今日も昨日も目標を達成できて良かった。
昨日は目標を達成できなかったけど、今日はできた。
学校で習っている以外のことを他の学校の先生から教わって知ったので良かった。

2日間を終えてスタッフから:
ボランティアの先生達はみなさん現役教師の方達ですが、ベテラン揃いで臨機応変な対応がとても上手くて安心感がありました。ご自分の学校や教室とはひと味違う空気を楽しんでおられる様子でありがたいなあと思いました。
元気塾の参加生は福島県だけでなく関東圏からの子どもたちもいますし、2011年早々から札幌に来た子もいれば2014年からの子もいます。それぞれの子ども達の自主性や主体性をなんとか応援したいです。
夏休みと冬休み、一年に2回の交わりしか創れていないのが実情ですが、有志の先生達と共に満3年が経ち4年目となる元気塾のこの活動の意義を大切にしたいと思っています。
「夏休みにまた会いましょうね」を合い言葉にしながら元気塾ユニオンハート冬休み教室は無事終了しました。
札幌教職員組合の先生達、札幌友の会さん、バッジ製作のプリントモンキーさん、札幌地区連合会の皆様など
多くの方達のご支援とご協力に感謝いたします。
0107genkijuku01
0107genkijuku02
0107genkijuku03
0107shugo