福島県川俣町立福田小学校5・6年生の「移動教室6/30~7/3」が無事終了して二週間が過ぎました。
実施期間中は受け入れ地域である七飯町の方達をはじめ北海道大学大学院や教育大学の学生さん、厚沢部町や北斗市など周辺地域の方達からも応援をいただきながら、環境教育と三校合同の地域間交流を中心とした宿泊学習を実施しました。
あいにく天候は雨の多い日々でしたが、そんな天候の中でも間伐材の伐採を経験し、イカダを作って湖で競争したり、
自分達で焚き火でご飯を炊くなど野外活動のほぼ全てのカリキュラムが実施できたのも実に興味深い体験でした。

7月3日(金)18時に福田小学校に無事帰着した子ども達は6日(月)には元気に登校。
引率された4名の先生達と共に21名の子ども達は今北海道での多くの体験を振り返っています。
そんな時期に福島民友新聞の地域覧に今回の移動教室のことが掲載されました。(7/14)

*川俣町民の方が記事の写真を送って下さいましたので、北海道新聞の記事と合わせてご紹介します。
福島民友2015.07.14
img021oo